qrcode.png
http://www.danrikyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
段ボールリサイクル協議会
〒104-8139
東京都中央区銀座3-9-11 紙・パルプ会館 全国段ボール工業組合連合会内
TEL.03-3248-4853
FAX.03-5550-2101
 

容器包装3R推進フォーラム

   
「第6回容器包装3R推進フォーラム」が開催されました
3R推進団体連絡会主催の「第6回容器包装3R推進フォーラム」が10月24日~25日に名古屋市のウィルあいちで開催されました。テーマは「容器包装リサイクル法の成果と課題」、後援は名古屋市、愛知県、環境省、経済産業省、農林水産省、日本経済団体連合会 他で、参加者数は171名となりました。内容は次の通りです。
 
  10:00







主催者挨拶、フォーラム趣旨の説明
酒巻 弘三(3R推進団体連絡会幹事長、スチール缶リサイクル協会)
後援団体からのご挨拶
平林 幸伸 氏(名古屋市環境局ごみ減量部部長)
3R推進団体連絡会の活動報告
石坂 隆(3R推進団体連絡会フォーラム幹事、紙製容器包装リサイクル推進協議会)
基調講演 『容リ制度の成果、今後の課題』
石川 雅紀 氏(神戸大学大学院経済学研究科教授)
  10:25

報告:名古屋ごみレポート
小松 隆雄 氏(名古屋市環境局ごみ減量部減量推進室室長)
  11:25



報告:国の政策について
渡邊 厚夫 氏(経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課長)
沼田 正樹 氏(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室室長補佐)
佐竹 健次 氏(農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室長)
  12:30 昼食・休憩>/b>
  13:30




分科会
第1分科会 リターナブルびん促進策(参加者20名)
第2分科会 消費者の行動改革(参加者32名)
第3分科会 多様な回収システム(参加者31名)
第4分科会 プラスチックリサイクルのゆくえ(参加者54名)
  16:30 全体会(各分科会からの報告と会場全体での意見交換)
  17:30 閉会
   
(10月25日)
8:15~13:00 見学会 IHI環境エンジニアリング、新日鉄名古屋製鉄所
<<段ボールリサイクル協議会>> 〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11 紙・パルプ会館 全国段ボール工業組合連合会内 TEL:03-3248-4853 FAX:03-5550-2101